住宅ローン負担を軽くする事は大きな経費削減です!

衣食住というのは人間が生きていく中で必要最低限のものだと思います。

その中でも「住」である住む家については支出の割合がかなり高いと思います。

現在住んでいる家は賃貸という方もいれば、持ち家と言う方もいると思いますが、どちらにしても毎月かなり支払いがあるという方がほとんどだと思います。

持ち家の方は住宅ローンを活用して、マイホームを購入していると思いますが、持ち家を抱えた家庭の住宅ローンは家計に占める割合が高く、大きな負担となります。

この住宅ローンの負担を減らす事は、大きな家計の経費削減になるんですね。

ここでは住宅ローンの経費削減に関してどのようなアイデアがあるのかを考えていきたいと思います。

 

【目次】

 

住宅ローン減税制度を活用する!

住宅ローンを利用している場合には、所得税の特別控除制度が利用できます。

これは住宅ローン控除(減税)制度とも呼ばれていて、住宅ローンで活用してマイホームを購入した場合は重宝すると思います。

住宅を取得して、10年間ローンの残高の1%(残高の上限あり)が控除されます。

居住開始した年などの条件がありますが、現在では消費税の引き上げに伴い、この住宅ローン減税についても3年延長されました。

2019年10月1日~2020年12月31日に居住を開始すれば、最大控除期間が13年になります。

最大控除可能額については以前は500万円でしたが、現在では年末の住宅ローン残高の1%(最大40万円)×10年という事になります。

認定長期優良住宅の場合は、控除率や限度額がさらに優遇されます。

ただ、手続きをしないとこの恩恵を受ける事ができません。 1年目は確定申告をしなければなりませんが、サラリーマンであれば2年目以降は必要書類を勤務先に提出するだけですので、1年目は面倒ですが、2年目以降はそんなに面倒ではなくなると思います。

住宅を購入した場合には必ず手続きを忘れないようにして、税金の払い過ぎを防いで、経費削減を行ないましょう。

 

すまい給付金の制度を活用する!

住宅ローン減税の制度と同じようにマイホーム購入資金を少しでも軽減するためのものとしてすまい給付金というものがあります。

すまい給付金というのは、消費税の引き上げによって生じた負担を少しでも軽くするために作られた制度になります。

マイホームを購入する時、土地の購入には消費税は掛かりませんが、建物には消費税が掛かります。

消費税が増税になれば、マイホームの購入負担が大きくなります。

しかも、マイホーム自体の価格が高いので、消費税についても数十万円単位で違ってきます。

これを少しでも軽減してくれるのがすまい給付金というわけなんですね。

現在では消費税率が10%ですので、最大で50万円もらえます。

しかし、住宅ローン減税と同じように手続きをしなければ、もらえませんので、しっかりと手続きをするようにしましょう。

 

住宅ローン選びをしっかりやる事が重要!

マイホームを購入する時はほとんどの人が住宅ローンを活用すると思います。

住宅ローンを選ぶ際には、ローンの金利や固定金利・変動金利かどうか、返還期間などをしっかりチェックした上で選択する必要があるんですね。

住宅を購入した不動産屋さんに全てを任せるのではなく、なるべくなら自分で調べて有利な住宅ローン商品を選ぶようにした方が良いですね。

住宅ローンというのは、長期に渡って返済していくものなので、金利が数パーセント違うだけで、トータルで何百万円と違いが現れてくると思います。

銀行・財形貯金など多種多様な商品がありますので、毎月支払える金額を考えた上で商品を選びましょう。

 

繰り上げ返済や借り換えも検討してみる!

商品の違いだけでなく、経費削減には繰り上げ返済、借り換えなどのアイデアもあるんですね。

支払いが可能であれば、同じ金利でも毎月同じ金額を返済する元利金等返済ではなく、毎月同じ額の元金に金利額を合計した返済を行なう元金均等返済の方がトータルの支払い合計額は少なくなります。

しかし、注意する点もあって、繰り上げ返済については何百万円以上でなければできなかったり、などの条件もありますので、その辺はしっかりとチェックしておく必要があると思います。

借り換えについても、必ず手数料が掛かりますので、その手数料が掛かってもトータルの返済額が減るという事であれば、検討する価値はあると思います。

どのようにして返済残高を減らしていくかを住宅ローンを支払いながらも、注意深く考えて実行する必要があるんですね。

 

マイホームの購入は一生で最も高額な買い物!

マイホームの購入の際に一部のお金持ち以外のほとんどの方が住宅ローンを活用すると思います。

マイホームの購入は人生で最も高い買い物と言われておりますので、全てを人任せにしてしまうと損してしまう事もあります。

専門的な知識が無かったとしてもある程度は自分で勉強をして、納得した上で住宅ローンを活用する必要があると思います。

住宅ローン減税やすまい給付金などの情報を知らなければ、数百万円損してしまう結果になってしまいますし、金利やローン商品の事を全く知らなければ、不動産屋さんの思うツボになってしまい、数年後に損してしまう事態にもなりかねないんですね。

 

住宅ローンについてもっと知りたい方はコチラ