省エネラベルを知っておくと経費削減に役立つ!

家計に優しい製品の選択というのは、経費削減の1つのアイデアになりますよね。

家計に優しい製品を選ぶためにも、省エネラベルに表示に関する知識を頭に入れておくと良いですね。

省エネラベルについて知っていれば、省エネ性能の優れた製品を選ぶ事ができると思います。

結果として、エコにも繋がりますし、経費削減も実現する事ができると思います。

それでは省エネラベルというのは、一体何なのでしょうか?

ここでは経費削減に役立つ省エネラベルについて解説したいと思います。

 

【目次】

 

省エネラベルって何?

省エネラベルというのは、2000年に日本工業規格(JIS)によって導入されたものになります。

省エネラベルでは、住宅設備や家電製品を中心として、省エネ法という法律で定めた国の基準に達成しているかどうかが表示されているんですね。

国の省エネ基準を満たしている製品には緑色のマークが付いており、満たしていない製品にはオレンジ色のマークが付いております。

この省エネラベルは、カタログや製品本体・包装など見やすいところに付いておりますので、製品を選ぶ際に他の製品と省エネ性能を比較したい時などに役立つと思います。

 

省エネラベルには4つの情報が表示されている!

省エネラベルは、テレビ・エアコン・蛍光灯器具・電子計算機・磁気ディスク装置・電気冷蔵庫・電気冷凍庫・ストーブ・ガス調理機器・ガス温水機器・石油温水機器・電気便座・変圧器・ジャー炊飯器・電子レンジ・DVDレコーダーの16品目に表示されています。

このラベルには、下記の4つの情報が表示されています。

 

省エネ性マーク

トップランナー基準を実現した製品には、緑の省エネ性マーク、実現していない製品にはオレンジのマークが表示されるんですね。

つまり、緑のマークの製品を選ぶ事によって、よりエネルギー効率の良い商品を選ベるという事になるんですね。

 

省エネ基準達成率

トップランナー基準の目標基準値をどの程度達成しているかをパーセントで表します。

基準値の達成100%が目標基準値になっていて、それ以上の達成率であれば100%を超えるんですね。

達成率が大きければ大きいほどこの数値が大きくなりますので、この数値もまた製品を選ぶ基準になると思います。

 

エネルギー消費効率

年間消費電力量246kWh/年、などと表示されているのがエネルギー消費効率になります。

製品それぞれによって決められた測定方法での数値が表示されているんですね。

 

目標年度

トップランナー基準を達成すべき年度になります。

製品や区分によって目標年度は違ってくるんですね。

このような表示を知るというアイデアで上手に製品を選び、さらに温度設定などの工夫によって経費削減に繋げられると思います。

 

省エネ製品を購入する時のポイントとは?

省エネ製品を購入する時のポイントとしては、省エネラベルで家電製品の省エネ性が法律で定められている国の基準を満たしているかどうかを比較して、購入を検討する事ができると思います。

そして、省エネラベルの基準を見たいしている製品に緑色のマークが付いておりますので、この緑色のマークが付いている製品を購入するようにしましょう。

さらに生活に身近なテレビなどの6種類の家電製品については、統一省エネラベルというものが付いておりますので、省エネ性能がより分かりやすく表示されております。

買い替えの時には、このような事を参考に省エネ性能が優れている製品を購入して、エコと経費削減の2つを同時に実現できるようにしましょう。

 

省エネ性能が高い製品選びをしっかりできる!

省エネラベルが付いている製品というのは、日々活用する事が多い製品だと思います。

製品選びをしっかりやる事でエコと経費削減が実現できるのであれば、それに越した事はないと思います。

電化製品であれば、使い勝手などもほとんど変わらないと思いますので、使っていくだけでエコと経費削減ができると思います。

この省エネラベルと知っていると知らないでは、その後に雲泥の差が出てくると思います。

省エネ性能の高い製品選びをして、少しでも経費削減に繋げるようにしましょう!